Home ブランド ブランドについて

 MINISO名創優品は、日本人デザイナー三宅順也氏と中国の若手企業家 葉国富氏により設立され、東京に本社を置く。三宅順也氏はチーフデザイナーを務めている。 MINISO名創優品は世界の「インテリジェントコンシューマーグッズ」におけるパイオニアである。

 「シンプル、ナチュラル、ハイクオリティ」という考えと「自然、ありのまま、本質回帰」というコンセプトのもと、製品の品質と本質を追求し続けています。毎週新しい製品を世に送り出し、良質で低価格なインテリジェントコンシューマーグッズブランドとして消費者の支持を集め、生活雑貨市場で「パーソナライズインテリジェント消費」を推奨しています。MINISO名創優品は、2013年に株式会社 名創優品産業として設立され、同年9月に中国へ進出。中国でインテリジェントコンシューマーグッズ市場を切り開き、新しい価値観をもたらしました。

MINISO名創優品は日本から歩み出し、積極的に海外市場に進出。わずか3年で世界中に1,000店舗以上をオープンし、2015年の売上が7.5億ドルを超え、さらに2016年には約15億ドルの売上を記録。MINISO名創優品は世界各地で店舗を展開し、アメリカ、カナダ、ロシア、シンガポール、韓国、香港など50以上の国や地域と戦略的パートナーシップを締結。毎月平均で80100店のペースで新店をオープンしています。

  「上質なライフスタイル」を提案し、「お客様第一」を念頭にお客様目線で「高品質で、洗練された、手頃な価格」の製品を提供しています。MINISO名創優品はシンプル、ナチュラル、ハイクオリティな製品を基本としながらインテリジェント消費を提案するとともに、手軽に購入できる価格帯(1.5-29.4ドル)で、1835歳を中心に幅広いお客様のニーズに応えることができる品揃えを目指しています。

   MINISO名創優品は新しいタイプのインテリジェントライフ体験型ショップとして、飲食、ファッストファッション、エンターテイメントとともにデパートやショッピングモールの主力ショップになっています。お客様にインテリジェントで、健康的で、そして心地よいライフスタイルを提案するとともに、お客様の「快適な生活づくり」をお手伝いしています。

   MINISO名創優品は、製品ラインナップの充実や品質管理の徹底に取り組み、製品には世界各地から集められた「厳選素材」を使用。製品デザインの80%を日本、韓国、スウェーデン、デンマーク、シンガポール、マレーシアなどのデザイナーが手がけています。また、良質で洗練されたオリジナル製品の開発を日々おこなっているとともに、お客様にも満足していただけるサービスの向上にも努めています。MINISO名創優品は常にお客様に寄り添い、カジュアルでありながら洗練された製品を提案し、ショッピングの楽しさを感じていただきたいと考えています。