Home 最新情報

MINISO名創優品がグローバル展開を加速、次はブルガリア

Source:MINISORead:873Date:2018-06-07

 

2018531日、MINISO名創優品とブルガリアのスマートリテールEOOD (SMART RETAIL EOOD)の調印式が行われた。MINISO名創優品グローバル共同創始者/CEO葉国富氏、MINISO名創優品国際運営部/副社長黄錚氏、ブルガリア側CEOアルタシェス・ヴァルダニアン(Artashes Vardanian)氏、CFOヴァハグン・ヴァルダニアン(Vahagn Vardanian)氏ら、両社の経営陣が今回の調印式に出席した。

 

 

MINISO名創優品とスマートリテールEOOD (SMART RETAIL EOOD)の代表者が協力協定に署名

 

調印式で黄錚氏は、「スマートリテールEOOD (SMART RETAIL EOOD)は、主にファストファッションとシューズに特化し、オルセー(Orsay)、エコー(ECCO)、サラマンダー(Salamander)、ディーゼル(Diesel)など約20ブランドを展開しており、流通分野において豊富な経験と確かな実績を持つ企業である。MINISO名創優品は、今回の提携が双方にとって非常に重要な取り組みになると考えている。「位性相互し、ィンウィンを実現する」という考えのもと、資源の統合や店舗提携などあらゆる面で業務提携を実施していく。」と述べた。MINISO名創優品は創設以来手軽に買い物を楽しめる快適なショッピング環境高品質低価格製品によって、世界各国の消費者から支持を集めてきた黄錚氏は、「高品質で、クリエイティブな、低価格の製品をブルガリアの消費者にお届けするとともに、MINISO名創優品がブルガリアで多くの支持を得ることができると期待している。」と語った。

 

 

スマートリテールEOOD(SMART RETAIL EOOD) CEOアルタシェス・ヴァルダニアン(Artashes Vardanian)氏が挨拶

 

ブルガリア側の代表アルタシェス・ヴァルダニアン(Artashes Vardanian)氏は、「MINISO名創優品との提携に期待を膨らませており、今回の提携によりブルガリアに新しい小売業の形をもたらす。」と述べた。また、「スマートリテールEOOD(SMART RETAIL EOOD)は、本年度末をめどにMINISOブルガリア1号店をオープンする見込みであり、ブルガリア国内で25店舗を出店する計画である。」と語った。

 

 

(調印式終了後、両社経営陣が揃っての記念撮影)

 

 

MINISO名創優品は創設以来「上質な生活」というコンセプトのもと、「シンプル、ナチュラル、上質」という生活哲学と、「自然回帰、製品の本質回帰」というブランド戦略により世界中で多くの支持を集め、「高品質で、クリエイティブな、低価格の製品」を消費者に提供するために尽力している。MINISO名創優品は高コストパフォーマンス製品だけでなく、手軽にショッピングを楽しむことができる環境作りにも取り組み、世界中の消費者にショッピングを通して幸福感を感じてもらえるよう日々努力し続けている。