Home 最新情報

MINISO名創優品はアンビエンテ・フランクフルトに再度出展

Source:MINISORead:1329Date:2018-03-15

 

2月9日、国際消費財見本市(アンビエンテ・フランクフルト)がドイツフランクフルトで5日間に渡って開催され、ヨーロッパをはじめ世界中から4,500以上の消費財メーカー、商社、デザイナーが参加した。MINISO名創優品は主催者側から再度招待され、デザイン性の高い、スタイリッシュで高品質な製品を出品した。

 

 

 

 

 

アンビエンテフランクフルトは1949年に設立され、毎年2月に開催されている世界最大で最も影響力のある国際見本市であり、消費財全般のトレンド発信の場になっている。そのため、毎年数千の出展者と数万人のバイヤーが集まり、活発な商談や情報交換が行われている。

 

MINISO名創優品は今回の見本市に、北欧デザインシリーズ、セラミックディナーセットシリーズ、ピンクのステーショナリーシリーズ、アロマシリーズなどデザイン性の高い、スタイリッシュで高品質な新製品を出品した。

 

 

 

 

今回の見本市では、MINISO名創優品は「上質、洗練された、低価格」の製品によって多くの人気を集、各国のバイヤーや出展者から好評を得た。優れた製品には間違いなく高い品質と高いデザイン性が兼ね備えられている。MINISO名創優品は、「シンプル、ナチュラル、ハイクオリティ」という生活哲学とデザインコンセプトのもと、製品開発、デザインに取り組み、「高いデザイン性」、「高いコストパフォーマンス」により世界中の消費者から支持を集めている。

 

MINISO名創優品の北欧デザインチームPermafrostによってデザインされたナイトランプは、ミルキーホワイトカラーで人のような形をしている。ランプシェードにはやわらかな質感のシリコンを使用し、電源を入れるとランプシェードを通して暖かく心地よい光を放つ。このナイトランプは、中国の伝統的な紙の灯篭からインスピレーションを受けてデザインされている。

 

 

 

 

MINISOのテーブルウェアは、黒と白をメインのカラーとし、シンプルでクラシカルなデザインでありながらコンテンポラリーな雰囲気を感じさせる。特にカトラリーは、大胆にも黒一色のみで作られており、シックでエレガントな印象を与えている。これらの製品はヨーロッパ市場においても独特な雰囲気を醸し出し、大きな注目を集めた。

 

展示期間中、世界中の多くの投資家、サプライヤー、デザイナーがMINISOのシンプルであたたかな雰囲気のブースと独自性のある製品に興味を持ち、これからの協力の可能性などについて積極的な話し合いが行われた。

 

 

 

優れた製品は、MINISO名創優品国際市場へ円滑に進出するための最大の強みである。アンビエンテ・フランクフルトへの出展はブランド決心と情熱をしている。今後、MINISO名創優品はグローバル展開をさらに加速させ、ひとりでも多くのユーザーからの支持を集めながら、2022年までに「100カ国、1,000億、10,000店舗」という目標を実現するために邁進していく。