Home 最新情報

マダカスカルと協力協定を締結し、MINISO名創優品が再び注目を集める

Source:本站原创Read:801Date:2017-04-17

最近、あるブランドが製品、店舗、サービスのさらなる向上をはかり、さらに経済的、文化的な障壁を乗り越えて世界中の消費者から人気を集めている。そのブランドとは、MINISO名創優品である。2017年3月17日、日本ファストファッションデザイナーブランドであるMINISO名創優品は、アメリカ、カナダ、ロシア、シンガポール、アラブ首長国連邦、マレーシア、香港、マカオ等40の国や地域に続き、マダカスカルとの全面的戦略的協力協定を締結した。今後、MINISO名創優品はマダカスカルで店舗をオープンし、小売業界の「新エンジン」として互いの発展を促進する。


(写真:MINISO名創優品はマダカスカルと全面的戦略的協力協定を締結、国際市場を開拓し続ける

MINISO名創優品のグローバル創始者兼チーフデザイナーの三宅順也氏、グローバル共同創始者兼CEOの葉国富氏、マダカスカルの代表祝恩寧らが今回の調印式に出席した。祝恩寧が代表して挨拶し、「MINISO名創優品のエージェントになれたことをうれしく思う。このブランドが世界市場を席巻すると信じている。」と述べた。祝恩寧はマダカスカルの代表だけではなく、MINISO名創優品の中国国内でのフランチャイジーでもあり、店舗は北京に数十店ある。各店舗の売上は好調で、月の最高売上は15万ドルを超えた。このような業績と市場の好意的な反応が、MINISO名創優品と再び協力して海外市場に店舗を広げていくための自信を与えた。そしてマダガスカルを選んだ理由は、アフリカが世界中で最も有望な市場であるからだと話した。近年アフリカでは中流階級の台頭により世界的な大型小売業者がこの市場をターゲットとしてアフリカの大都市に大規模なショッピングモールやショッピングセンターが出現している。マダガスカルは、アフリカで急成長している国として大きなビジネスチャンスがあり、小売業者にとっては「最も魅力的」な市場である。MINISO名創優品は、マダガスカルの優位性を生かし、この地でのブランド発展のために努力を惜しまない。


(写真:MINISO名創優品とマダカスカルとの調印式で、祝恩寧がスピーチ

MINISO名創優品は今回のマダガスカルとの戦略的協力協定締結は、ブランドのさらなるグローバル化推進のために非常に重要なことだと考えている。マダガスカルの豊かな天然資源の優位性を生かし、良質で健康的な原材料を使用して、現地や世界中の消費者に向け、さらに多くの上質で低価格の製品を提供していく。そして世界中の消費者に健全な消費を促し、安定した生活スタイルの確立をサポートしていく。またマダガスカルはアフリカで最大、世界でも4番目に大きな島であり、豊かな観光資源により毎年多くの観光客が訪れている。統計によると、2016年にはマダガスカルへの観光客数は延べ29.32万人にのぼり、2015年の統計よりも20%増加している。観光客は主にフランス、レユニオン島、イタリア、モーリシャス、アメリカ、ドイツ、中国、南アフリカなどから訪れ、観光客数の増加により経済の活性化につながるとともに口コミによる宣伝効果も期待される。MINISO名創優品は今年5月末までに、マダガスカルの都市部で店舗をオープンする計画である。その際には、観光客の消費パワーと口コミが、MINISO名創優品のさらなる成長の手助けになる。


(写真:三宅順也氏とマダカスカルの代表祝恩寧氏)

「『シンプル、ナチュラル、上質』というフィロソフィーと『自然回帰、製品の本質回帰』というブランドコンセプト、そして良質で低価格な製品によりMINISO名創優品は世界中で多くの消費者から支持を得た。2013年の創立以来、MINISO名創優品は積極的に国際市場を開拓し、消費者にショッピングによる幸福感と快適なショッピング環境を提供することに力を注いできた。現在、MINISO名創優品はアジア、ヨーロッパ、オセアニア、北アメリカ、南アメリカ、アフリカの六大陸で出店を果たした。店舗数は世界中で1800店舗にのぼり、毎月80~100店のペースで出店を続け、2016年の売上は約15億ドルに達した。MINISO名創優品は「優れた製品消費」という新しい傾向で市場をリードし、ユニクロ、ワトソンズなどの企業から「世界最大のライバル」と称されている。

強い影響力を持つ小売ブランドと豊富な天然資源とポテンシャルを秘めた市場を持つ国。この両者の協力により、マダガスカルに独特な消費理念をもたらし、小売業の発展を促進するであろう。MINISO名創優品は、「若い世代のショッピングによるストレスを解消するとともに、多くの消費者に幸福感を届ける」ことを実現するため、これからも力を注いでいく。