Home 最新情報

MINISO名創優品とモーリシャスが戦略的協力協定を締結、アフリカ市場進出への基盤を構築

Source:MINISORead:1336Date:2017-04-19

2017年4月17日、ファストファッションデザイナーブランドであるMINISO名創優品のグローバル戦略により、モーリシャスと全面的戦略的協力協定を締結した。グローバル共同創始者兼CEOであり新しい小売業の専門家でもある葉国富氏、PALTONI RETAIL Ltd CEO Ignace Lam氏とCFO Abthar Dhurrun氏が今回の調印式に出席し、共にこの歴史的な瞬間を迎えた。

(写真:MINISO名創優品がモーリシャスと協力協定を締結、グローバルパートナー戦略をさらに強化

調印式でIgnace Lam氏は、「MINISO名創優品の中国市場、及び国際市場での急速な成長には強烈なインパクトがある。近年、モーリシャスと中国はさらに信頼関係を深め、両国の貿易も急速に拡大している。現在、中国製造業の総合力、創造力、適応力は世界でもトップグラスである。そしてMINISO名創優品は日本のデザイン性と中国製品のクオリティーを持ち合わせている。名創優品とのパートナー関係は誇りであり、今後は協力関係をさらに深め、多くの成功を共に実現していく。」と語った。

(写真:調印式でモーリシャス代表Ignace Lam氏がスピーチ、今後の協力関係に自信をみせる

様々なブランドがあふれている現在、歴史が浅いMINISO名創優品がどのようにしてパートナー企業の信頼を得たのか?その答えは、革新的な成長モデルと良好な市場環境が表している。MINISO名創優品は伝統的な小売業の常識を打ち破り、顧客のニーズに合わせた製品開発デザインをおこなっている。さらに、サプライチェーンと販売ルートを確立することにより製品のクオリティーとコストをコントロールし、低価額で良質な商品により市場を急速に拡大。こうして独自の成長モデルを構築してきた。ブランド設立からわずか3年で、アメリカ、カナダ、オーストラリア、シンガポール、香港等約40の国と地域の企業と戦略的協力協定を締結してきた。現在、MINISO名創優品はアジア、北アメリカ、南アメリカ、オセアニア、ヨーロッパ、アフリカの六大陸で出店を果たし、店舗数は世界中で数千店に上り、その数は今日現在も増え続けている。

(写真:MINISO名創優品がモーリシャスに進出、共に小売業の発展を目指す

モーリシャスはアフリカ東部に位置し、面積2040平方キロメートルの島国である。多くを輸入に頼り、国内の消費水準は高くなっている。近年、モーリシャスは自国の資源をまとめ、自国の強みをいかした観光業が急速に発展した。観光業が国内経済の発展を促進し、多くの投資企業を引きつけ、物価の上昇にもつながった。消費水準が所得水準より高い中、消費者はショッピングによるストレスを軽減できる高いコストパフォーマンスの製品を渇望し、生活の質の向上を求めた。このようなニーズとMINISO名創優品の市場戦略が一致した。

(写真:グローバル共同創始者兼CEO葉国富氏とモーリシャス代表Ignace Lam氏

モーリシャスの消費者に「良質で、洗練された、低価格」の商品を提供するため、MINISO名創優品はモーリシャスで最も活気があるショッピングモール等に出店し、消費者のショッピングによる圧力を軽減するとともに、ショッピングによる幸福感をもたらす。