Home 最新情報

MINISO名創優品がシンガポールでの投資会を円滑に開催、100カ国の代表者が参加した

Source:本站原创Read:614Date:2017-01-08

12月11日シンガポールで、ジャパンファストファッションデザイナーブランドMINISO名創優品による「Hello!World名創優品--賽曼基金グローバル投資計画推薦会」が3日間に渡って開催された。MINISO名創優品のグローバル創始者兼チーフデザイナーの三宅順也氏、グローバル共同創始者の葉国富氏、名創優品アジア・太平洋エリア副社長の李敏信氏、国際運営総監黄錚氏及び世界中から100カ国の約250名の代理店代表者、代理店希望者とサプライヤーの代表者等が今回の投資会に出席した。

(写真:MINISO名創優品はシンガポールで投資会を開催、100カ国代表者が参加)

世界の他の大手小売企業と比べ、MINISO名創優品は創立してから日の浅い企業である。しかし、創立からわずか3年の成長スピードは他のブランドよりはるかに速いペースである。先日「中国高成長チェーンベスト50」のトップを獲得した。現在、MINISO名創優品はすでに世界40カ国と地域に進出し、店舗数は1400店舗にのぼり、世界で最も急成長している実体小売ブランドです。2015年の売上は50億元を記録し、さらに2016年の売上は100億元を見込んでいる。

参加者にもっと深くブランドの魅力を伝えるため、三宅順也氏は「名創モデル」について説明を行った。説明の中でシンガポールを例として上げ、MINISO名創優品がシンガポールでの成長状況を分析した。2010年、「ガーデン・シティ」と呼ばれるシンガポールは経済協力開発機構に世界先進経済体名目に登録したが、狭い国土と少ない人口により、経済成長の低迷状態が続き、小売業も低迷していた。しかし、MINISOは3店同時にオープンして以来、急成長を遂げ、1年も経たないうちに店舗数は20店舗にのぼり、業績も順調に伸びている。三宅順也氏は、「MINISO名創優品の成功の秘密はブランド力です。そのブランド力はMINISO名創優品の「良質、低価額、オリジナリティ」の商品、快適なショッピングと背後にある信頼できる効率的なサプライヤーチェーンによるものです。」と述べた。

(写真:MINISO名創優品グローバル共同創始者の三宅順也氏はシンガポールを例に、「名創モデル」を説明した)

今回の投資会の参加者にさらにMINISO名創優品のブランド力を知ってもらうために、シンガポールでの業績トップ5の店舗と商品センターの視察を行った。効率的な店舗管理により、店内は買い物客であふれていたが、整然としていた。トレーニングを受けた販売スタッフたちがお客様の表情を読み、適切なタイミングでサービスを提供しながら、棚の商品の状況を把握し、常に品切れがない状態を保っていた。店舗マネージャーの説明によると、MINISO名創優品店舗の内装は主に白がベースで、明るくやわらかな印象を与え、店頭には新商品のメイクグッズを陳列し、店の前を歩くお客様を引きつけている。同時に、『Intercos(インターコス)社』、『ジボダン社』、『嘉誠グループ』等のような世界トップグラスのサプライヤーと協力し、品質を確保した。商品自体もデザイン性にあふれ、見た目と使いやすさを兼ね備えた。大量仕入れと8%の低粗利益によって、手頃な価格も実現した。商品センターの視察では際に担当者が「MINISO名創優品は運送効率を上げるために中国と海外で7つ大型中央商品センターを設置し、工場から直接商品センターに運び、

商品センターから各地域に運送し、そこから店舗に到着するようにしている。効率的なシステムにより、コスト管理ができ、商品の到着時間を短縮することができた。MINISO名創優品の店舗の商品は3日間に1つのペースで新商品を投入し、21日間で全店舗の商品を更新することができる。新しい商品を常に投入して毎日来店されるお客様にも新鮮感を与えることができる。」と説明した。

(写真:MINISO名創優品はシンガポールで国際投資会を開催した、多くの国のサプライヤーも出席した)

MINISO名創優品のこのような効率的なチーム作業による社会的な評価と強いブランド力について参加者に強い衝撃を与えた。参加者がブランドについて理解を深めるために、MINISO名創優品の葉国富氏自ら説明を行った。アリババのジャック・マー氏が提言した「オンライン+オフライン」の新小売タイプとは異なり、葉国富氏はオンラインとオフラインには本質的な区別がないと確信している。オンラインのプラットフォームにも負けないオンラインのB2Cモデルを行うことができる。キーポイントはどのように行うかにあります。しばらく考えた後、「新小売」の定義は、商品デザイン、コストパフォーマンス、気持ちいいショッピング環境にある。葉国富氏によれば、伝統的な小売の形態を変えなければならない。それは、インターネットビジネスによる衝撃だけが要因ではなく、根元にあるのは、現在の消費者は目が肥えてきていて、常に高い品質とコストパフォーマンスを求めている。MINISO名創優品はこのような状況の基で誕生した。葉国富氏は、ブランドは常に「むやみに利益を追及しない、本質を追求する」を念頭に、デザイン、価格、体験にベストを尽くす。世界中の誰でも手頃な価格で良質な商品を手にすることができ、評判が評判を呼び、目先の利益にとらわれず、世界をリードする小売ブランドとなって永続的に成長の継続を実現する。

(写真:MINISO名創優品グローバル共同創始者の葉国富氏はシンガポールの投資会でスピーチ。ブランドの使命を再度明言した)

投資会の終盤には調印式が行われ、「第二のシリコンバレー」と呼ばれているイスラエルがMINISO名創優品の小売グループに加わり、戦略的協力協定を締結した。調印式の中でMINISO名創優品グローバル共同創始者の葉国富氏は、「ブランド創立の時から「快適で楽しいショッピングを届ける」ことを使命としてきた。3年間、良質で低価額の商品、快適なショッピング体験、安心のフランチャイズシステムの構築は、ブランド創設当初の初心から変わっていない。現在、中国政府主導の「一帯一路」構想に積極的に応え、MINISO名創優品は今回のシンガポール投資会をきっかけにさらにブランドのグローバル化を推進する。中期企画として2020年までに全世界で6000店舗を出店、世界中の人々にMINISOの商品・サービスを提供し、幸福感をもたらす。」と語った。