Home 最新情報

MINISO名創優品はコスモプロフ・アジアに参加、自然回帰というライフスタイルを提案

Source:本站原创Read:777Date:2016-12-26

2016年11月16日、イタリアのボローニャ国際展示グループとUBMアジアが共同で主催した第20回コスモプロフ・アジアが香港で開催された。今年は会場を2か所に分けての拡大開催となり、原材料、製造機械関連などが一堂に展示された。会場面積98000平方メートル、25カ国2700社が参加し、6万人以上の美容ビジネスの関係者が集まり、世界でも重要な展示会として高い評価を受けている。展示会の影響力は大きく、日本の資生堂、韓国のアモーレパシフィック、フランスのロレアル、コーダリー等多くのブランドが参加。そして、日本のグローバルファストファッションデザイナーブランドであるMINISO名創優品も、自社のベストセラー商品を携えて参加した。 

(写真:MINISO名創優品は香港でのコスモプロフ・アジア2016に参加)

コスモプロフ・アジアは美容業界の発展を促すという意味でも世界中から注目を集めた。アジアワールド・エキスポ(AWE)の会場は「革新的コスメグッズ」、「革新的スキンケアグッズ」等6項目の賞を含めた小規模な受賞式をおこなった。香港コンベンション&エキシビション・センター(HKCEC)は特集ギャラリー、ファッション探査、チャリティー販売の3つの大きなテーマエリアに分かれ、来場した美容ビジネスの関係者が交流するためのプラットフォームを提供した。今回、MINISO名創優品は主催者招待として参加。MINISO名創優品が美容業界にも評価されている証でもある。

(写真:MINISO名創優品はコスモプロフ・アジアに参加、来場者に好評を博した)

「消費プレッシャーから解放して、幸福感をもたらす」というのはMINISO名創優品の長年変わらない信念である。世界中の多くの消費者に良質で低価額のコスメやスキンケアグッズを提供するため、サプライヤー選びは慎重におこなわれた。常に各業界のすぐれたサプライヤーを求め、化粧品業界最大手である『Intercos(インターコス)社』、世界5大香料メーカーの1つである『ジボダン社』もMINISO名創優品の長年のパートナー企業である。それだけに止まらず、コスメやスキンケアグッズの品質向上にも繋がり、新商品を次々と発売している。多くの消費者が満足し、中国各地から好評を得た。独自のサプライチェーンマネージメントにより、商品価格は10~29元におさえられ、消費者に良質で低価額の商品を提供している。

(写真:MINISO名創優品はコスモプロフ・アジアで自社の人気コスメを展示)

各社は自社の特徴を出すため、独自の展示ブースを作成した。しかし、MINISO名創優品はいつものように、シンプルなブースでたくさんの人を惹きつけた。純白の壁と明るい空間は人をリラックスさせ、やわらかな光りが商品を照らし、まるで美術品のように展示された。展示ブースから商品まで、「シンプル、ナチュラル、上質」のデザイン理念を表現した。MINISO名創優品のデザインスタイルは、「自然回帰」というライフスタイルを提案している。

(写真:MINISO名創優品の「シンプル、ナチュラル、上質」理念が賛同を得た)

香港はファッションの最先端であり、世界中の革新文的な文化もここに集まる。今回MINISO名創優品がコスモプロフ・アジアに参加したのは、様々な交流などを通じて、国際市場にブランドをアピールする目的がある。もう一つは、快適で新しいショッピング体験により、ひとりでも多くの方に幸せを感じてもらうためである。現在、MINISO名創優品はオーストラリア、アフリカ、ヨーロッパ、アメリカ、アジアの5大州で出店を果たし、店舗数は世界中で1400店を突破。MINISO名創優品のグローバル展開はこれからも続き、さらに多くの国や地域に出店していく。多くの消費者に良質で低価額の商品を提供し、『自然回帰』というライフスタイルを提案し、まったく新しいショッピングをお届けしていく。