Home 最新情報

中国とカザフスタンは戦略的パートナーシップを構築、MINISO名創優品とカザフスタンは戦略的協力協定を締結

Source:本站原创Read:716Date:2016-09-30

 2016年9月3日、中国の習近平国家主席が杭州で開かれたG20サミットでカザフスタンのナザルバエフ大統領と会談を行った翌日、日本ファストファッションデザイナーブランドである名創優品がカザフスタン代表とカザフスタン市場における全面的戦略提携協定の調印式が行われた。名創優品グローバル創始者の葉国富氏、名創優品アジア・太平洋エリア副社長の李敏信氏及びカザフスタンのBakhadyrAnarmetov代表とSergey Yugay代表が調印式に出席した。

(写真:MINISO名創優品とカザフスタンが戦略的協力協定を締結)

近年、グローバル事業を急速に推進する実体小売ブランドの名創優品は、約2年間で世界中に1400以上の店舗を展開し、2015年の売上高は50億元を突破。2016年にはさらに成長を遂げ、年間売上高が100億元に達する見通しである。創業以来、名創優品は快適でフレッシュな店作り、良質で低価格の商品が世界中の消費者から高く評価されている。名創優品は日本、中国市場での深耕を果たしてから世界に目を向け、36の国や地域と相次いて戦略協力協定を締結した。そして、シンガポール、フィリピン、マレーシア、UAEのドバイ、オーストラリア、カナダなどに出店、フランスでは自社のフレグランスラボを設立するなど、グローバル化を推進していった。カザフスタンの国民経済計算関連統計データによると、2016年上半期の国内の小売業総売り上げは前年同期比0.9%減少、GDPは前年比0.1%増加となっている。今回のカザフスタンとの協力協定の締結は、高品質で低価格な商品を販売するブランドの特徴がカザフスタンの小売市場の成長を後押しし、さらに中央アジア市場への進出により、グローバル化を加速させる。

(写真:MINISO名創優品グローバル共同創始者葉国富氏とカザフスタン代表)

調印式では、名創優品グローバル共同創始者葉国富氏が、カザフスタンの名創優品に対する信頼に感謝を述べた。また名創優品ブランドは必ずカザフスタンで大きく成長し、カザフスタンの人々に快適なショッピングをお届けすると語った。カザフスタン代表は今回の互恵協力関係に自信を見せており、とりわけ、これからの名創優品のグローバルビジョンについて理解を深め、今回の協力関係が必ず大きな成功を遂げるだろうと述べた。

(写真:カザフスタン代表BakhadyrAnarmetovがスピーチ)

世界最大の内陸国であるカザフスタンは豊富な天然資源に恵まれ、石油、天然ガス、石炭と農業は国の主な産業である。単一的工業基礎の影響で国内の小売業が発達しておらず、生活用品はほとんどを輸入に頼っている。名創優品はこのような不合理な消費状況を改善する「ハイクオリティ、オリジナリティ、低価格」の商品で、カザフスタンの人々のニーズを満たし、カザフスタンの人々に全く新しいショッピング体験を提供する。

今回、カザフスタンとの戦略的協力協定の締結は、名創優品がアジア市場に深く根をおろし、アジア地域の小売業の発展を推進する重要な一歩でもある。名創優品のグローバル化これからも続き、さらにもっと多くの国や地域に出店し、多くの消費者に親しまれることになるだろう。