Home 最新情報

名創優品のラオス旗艦店がオーブニングし、大蔵大臣が家族を連れてオーブニングセレモニーに出席しました

Source:MiniSoRead:658Date:2016-09-03

 2016年8月7日、グローバルファストファッションデザイナーブランド名創優品のラオス旗艦店(ラオス首都ヴィエンチャン市のデパート一階に位置し)が盛大にオーブニングしました。ラオス大蔵大臣王康夫婦、名創優品グローバル連合創始者兼ね首席デザイナー三宅順也、名創優品のグローバル連合創始者葉国富、アジア地区の副社長李敏信及びラオスビジネス提携代表などが一緒にオーブニングセレモニーに出席しました。

今度、ラオス旗艦店のオーブニングは当地政府と人民の大歓迎を受けました。オーブニングセレモニーの当日、ラオス大蔵大臣王康が特に奥様を連れて門店に臨み、お客様のカート払いニーズを満たすために、ラオス国内の五大銀行が連夜、門店のそばにATM を設置しました。

(ラオス大蔵大臣が奥様を連れて(左一左二)名創優品旗艦店のオーブニングセレモニーに参加しました。)

門店が開店したばかり、大勢のお客様が行列に並び、当日の営業実績が5万元を超え――600万人口の発展途上国にとっては、これは商売奇跡と言えます。東南アジアで名創優品の商品及び商業モデルが高く評価されたことを証明できます。

ラオスは農業を基幹産業として、工業基礎が割に弱く、国民の消費水準があまり高くありません。当時に国内に多くの仏教信徒が存在しているため、国民が特に質素なエコ製品を好み、これがうまい具合に名創優品のデザイン理念と一致します。今度の駐屯をもって、名創優品が多くの「良質、創意、低価」という商品で当地民衆の生活レベルを上げられます。また、これもブランドが「一帯一路」という国家戦略を実行する力強い証拠です。

(名創優品のラオス旗艦店の開業を迎えるために、ラオス国内での五大銀行が連夜にATM を設置しました。)

2013年、名創優品が創立された以来、全世界で1400店以上のを開き、2015年の売上高が50億元を突破し、近年来、グローバル拡張のスピードが一番早い実体小売りブランドになりました。今年、全世界で1800店を開き、売上高が100億元を突破するつもりです。