Home 最新情報

アメリカの代表と戦略的協力協議を締結 名創優品は巨大な小売市場に本格参入する

Source:本站原创Read:845Date:2016-08-16

 2016年8月3日、グローバルファストファッションデザイナーブランドである名創優品はアメリカの提携パートナーと戦略的協力協議を締結した。アメリカ代表Matthew Liang、名創優品グローバル共同創立者葉国富、名創優品アジア太平洋地区李敏信副総裁が今回の締結式に参加した。

ここ数年、グローバル事業展開が最も速いリテールブランドとして、名創優品は3年足らずで世界中で1400店舗をオープンし、2015年の売上高は50億を超え、2016年の売上高は100億に達する見込みである。

名創優品は創業以来、快適なショッピング環境、良質低価格な製品、グローバルデザイン+メイドインチャイナ+グローバルマーケティングを持つ独特なビジネスモデルで世界の消費者の注目を集めた。日本、中国市場を開拓し、全世界で36の国や地域と戦略的協力協議を締結してきた。アメリカは世界最大の小売市場であり、今回の締結はグローバル市場が名創優品の製品やビジネスモデルに対して肯定的な見方を示したといえる。

「アメリカは世界最大の小売市場であり、今回の戦略的協力協議は製品の研究開発、モデルチェンジ、人材育成などの面においてより緊密に提携していけるだろう。アメリカ市場を開拓できたことは、名創優品がグローバルリテール企業としての地位を固めるための大きな助けとなるだろう。名創優品はグループ及び提携パートナーと共にアメリカで中国より巨大な市場を開拓する自信がある」と名創優品グローバル共同創立者の葉国富は語った。

名創優品はより多く国や地域に出店する計画があり、今回、アメリカと締結したことによって、環太平洋におけるグローバル戦略を基本的に達成し、グローバル展開に向けた着実な一歩を踏み出した。

「近年、グローバル経済は低迷が続き、一人当たり国民所得も下降の傾向を見せ、アメリカの消費者の生活の質に影響を与えている。名創優品はこの影響を払拭し、アメリカの消費者に従来にない新しいショッピングを提供することができる。名創優品と共にアメリカ市場の潜在能力を開拓する自信がある」とアメリカ代表のMatthew Liangは語った。