Home 最新情報

ロシアと協力協定を締結 良質・低価格の名創優品が欧亜大陸を席巻

Source:本站原创Read:1247Date:2016-07-28

 2016年6月23日、日本のファストファッションデザイナーブランドである名創優品のグローバル戦略が結実し、ロシアトップ小売企業のVenom Group社と正式に全面的戦略協力協定を締結した。ロシアのElmar Geybatov代表Vaqif Aslan Oglu Ismayil代表、名創優品のグローバル共同創始者兼チーフデザイナーの三宅順也氏、名創優品のグローバル共同創始者の葉国富氏及び名創優品アジア・太平洋エリア副社長の李敏信氏が今回の署名式に出席した。

近年、グローバル事業が急速に拡大する実体小売ブランドとして、名創優品は2年間で、世界中に1400以上の店舗を展開し、2015年の売上高は7.5億ドルに上った。2016年は、さらなる発展を遂げ、年間売上高が15億ドルに達する見通しである。創業以来、名創優品は快適でフレッシュな店作り、良質で低価格の製品で、世界中の消費者に高く評価されている。名創優品は日本、中国市場での深耕を果たしてから、世界に目を向けて、36の国や地域と相次いて戦略協力協定を締結した。そして、シンガポール、フィリピン、マレーシア、UAEのドバイ、オーストラリア、カナダなどでの店舗の展開、フランスでの自社の香水研究所の設立などにより、企業のグローバル化を推進していった。今回、ロシアとの協定締結は、名創優品の欧州市場進出にとって重要な一歩であり、実体小売業発展の促進、グローバル市場における小売業の発展に堅固な基礎を打ち立てた。

署名式では、名創優品グローバル共同創始者兼チーフデザイナーの三宅順也氏は、ロシアの名創優品に対する信頼に感謝し、また、名創優品ブランドは必ずロシアで大きく発展し、ロシアの人々に幸せなショッピングをお届けすると挨拶した。ロシアのElmar Geybatov代表とVaqif Aslan Oglu Ismayil代表が共に、今回の互恵協力関係の見通しに自信を見せており、とりわけ、これからの名創優品のグローバルビジョンについて理解を深めて、今回の協力関係が必ず大きく成功することを確信した。

今回、ロシアとの協定の締結は、アジア・ヨーロッパ大陸をつなぐ道を開いたことになり、名創優品が国際市場へ進出するための確実な一歩を踏み出した。今後、名創優品はより多くの国と地域への進出を目指す。