Home 最新情報

名創優品が広州で招商会議を開催 最大な消費市場へ進出する主導権を握る

Source:本站原创Read:1372Date:2016-07-28

 2016年4月8日、日本ファストファッションデザイナーブランドである名創優品が、広州花都華鉅君悦ホテル(HJ GRAND HOTEL)で招商会議を開いた。名創優品グローバル共同創始者兼チーフデザイナーの三宅順也氏、名創優品グローバル共同創始者の葉国富氏、世界各地の代表400人が今回の小売業界の国際的な会議に出席した。

名創優品はグローバル化を加速すると同時に、自社に対する要求もより厳しくなっている。現在、多くの商品価格があまり高く、多くの若者にとって負担になっている。このような状況の中で、名創優品ブランドがあえて逆手に取って、すべての商品デザインを研究・開発に取り組み、コストを大きく引き下げると同時に、大量調達で価格を抑え、そして、サプライヤーとの「直接調達体制」で、中間流通でサプライヤーによる価格の引き上げを徹底的に無くすことに努めている。広告をすること無く、お客様の評判によって伝播し、広告料を消費者に転嫁することを絶対にしない。さらに、重要なのは、8%の粗利益率を堅持することにより、極めて低い粗利益率で最低価格の実現に努め、様々な施策を通じて、名創優品の価格上の優位性が確立され、常識を覆すような高品質、低価格の「神話」を作り上げた。市場に溢れている何百元もする香水、アイライナー、サングラスなどは、名創優品の店舗では百元もしない。そして、ほかの高級ブランドに負けない品質を持ちながら、価格はその10分の1である。そして。ヘッドホン、ブルートゥーススピーカー、データケーブル、人形、スキンケア化粧品などを含む名創優品の1万種以上の商品は、そのすべてが業界における利益独占を打破し、ブランド間の差別を無くし、真の高品質、低価格の商品を提供することにより、若者世代の消費者を満足させ、上質な生活という夢を届けている。葉国富氏が「若者世代の消費者を満足させる」ことを何度も強調した。

世界中の消費者にのしかかる消費負担を解消することは、名創優品の責任である。今回、広州で招商会議を開くことも、イベントを通じてブランドの知名度を高め、より多くの消費者に名創優品を知って、理解していただき、そして、より多くの企業と共に実体小売業のグローバル化を推進し、世界のトップ小売企業、そして、世界で6000店舗の展開を目指している。(→長すぎるので、途中で一回切ったほうが読みやすい)創立以来、名創優品は世界で店舗を展開しており、国際的な影響力も日増しに強くなっている。今後も引き続き資金の投入に力をいれ、より厳しい基準と前向きな姿勢で、世界中の上質な生活を願っている消費者のために、より高品質、より低価格、よりユニークな商品を提供する。シンプルで上品なデザインをもって、世界中のお客様に楽しく、洗練された、そして、健やかな生活を提案し、消費者にのしかかる消費負担を解消する。