Home 最新情報

名創優品がグローバル化のスピードを上げ オーストラリアと戦略的協力協定を締結

Source:本站原创Read:1198Date:2016-07-28

 先日、日本ファストファッションデザイナーブランドである名創優品がオーストラリアの代表と、オーストラリア市場における全面的戦略的協力関係についての戦略協力協定を締結した。名創優品グローバル共同創始者兼首席デザイナーの三宅順也氏、名創優品グローバル共同創始者の葉国富氏及びオーストラリアの葉永健代表、葉永和代表、李傑代表が署名式に出席し、名創優品にとっての歴史的瞬間に立ち会った。

最近、日増しに厳しくなる世界経済情勢及び鉱業の不況による景気後退というダブルパンチで、オーストラリアは厳しい経済情勢に直面していた。オーストラリア政府は小売業の復興に力を入れ、これによって、鉱業の衰退による経済収益の不足を補おうと努力してきた。しかし、雇用市場の縮小のため、オーストラリアの消費者にのしかかる消費負担が日増しに重くなっているため、小売業者も消費を促す対策を講じることができなかった。また、高価格を維持する経営理念は、市場で切実に求められている良質で低価格の製品の需要に逆行していることになり、これも小売業界が低迷し続ける主なな原因だった。

小売業界不振の中、オーストラリア政府は積極的に対策を講じ、多くの多国籍小売企業がオーストラリアに進出している。オーストラリアのメディアによると、世界トップの小売企業250社のうち、39社がオーストラリアの主要なショッピングモール、繁華街に店舗を構えており、その半分がアメリカ企業であるという。しかし、その高い価格を維持する経営理念はオーストラリア現地の小売業者とそれほどの差はなかった。今回、名創優品のオーストラリアへの進出は、このような市場の空白を埋め、不況で喘いでいるオーストラリアの市場にカンフル剤を与えることになる。名創優品グローバル共同創始者の葉国富氏が語ったように、新世代の消費者を満足させ、消費者に幸福感を届けることは名創優品ブランドの使命である。

名創優品とオーストラリアとの戦略的提携は、戦略的互恵協力関係である。名創優品とグローバル投資家は、高い投資収益率を獲得するために、オーストラリア消費市場への参入には、強力な小売業界のパートナーを求めている。そして、安定する地域経済と国際的ブランドや製品に対する消費者のニーズの高さ、低価格・良質・高級の製品に対する市場の需要は、名創優品にとって価値の高い市場である。これまで、名創優品はシンガポール、フィリピン、マレーシア、韓国、UAE、ドバイ、タイなどの国で成功を収めている。

日本から中国、さらに、アジア太平洋地域、欧米市場へ、最終的にはグローバル市場をカバーするということは、名創優品がこの3年間の歩みだった。販売チャンネルを一歩一歩確実に広げ、世界的な影響力を確立した。今や、名創優品はすでに世界中の消費者に親しまれる人気小売ブランドの一つであり、良質で低価格の製品は多くの消費者に支持され、わずか2年あまりで世界で1400以上の店舗を展開している。2015年、名創優品の売上高はすでに7.5億ドルを突破し、2016年は15億ドルに達する見通しである。

今回、名創優品のオーストラリアへの進出は、より多くの消費者に幸せでお買い物の楽しさを届けるものである。そして、オーストラリアでの展開は、名創優品がオセアニアに進出する第一歩であり、グローバル化戦略において最も重要な一歩でもある。今後、名創優品のグローバル化戦略の確立と発展に伴い、世界中の消費者に増々多くの幸せをお届けする。