Home 最新情報

名創優品グローバル戦略会議が香港で開かれ、36カ国と独占的戦略提携関係を構築

Source:本站原创Read:1304Date:2016-07-28

2016年3月23日、日本ファストファッションデザイナーブランドである名創優品が、香港の沙田凱悦ホテル(Hyatt Hotels and Resorts)で、「Hello!World」をテーマとしたグローバル戦略会議を盛大に開催した。名創優品グローバル共同創始者兼チーフデザイナーの三宅順也氏、名創優品グローバル共同創始者の葉国富氏及び世界36カ国の代表が今回の小売業界の国際的な会議に参加した。会議では、名創優品がタイ、台湾、ミャンマーなどの国・地域の代表と戦略的提携協定を締結し、アジア太平洋地域における生活雑貨市場の発展の新たな時代を切り開いた。これは、名創優品がグローバル化において重要な一歩を踏み出したことを意味するものである。

香港市場への進出も名創優品の国際化において大切な一歩である。名創優品が2014年11月29日に香港市場に本格的に進出してから、すでに26の店舗をオープンし、その規模拡大のスピードと高い人気は人々の興味を掻き立て、注目されていた。

そのため、世界36カ国の代表、100名以上の海外からの参加者が香港に集まり、名創優品香港の優良店舗を見学した。彼らはブランドの店舗のレイアウト、様々な製品、消費者層、接客の仕方、製品のデザイン、ブランド理念などを身近に体験し、店内の消費者や従業員と気軽に話し合い、ブランドの現状と将来について詳しく聞き、ブランドを発展させるために投資する考え方を固めた。

互恵的な関係を築くために、会議では、タイ、台湾、ミャンマーの代表とそれぞれ戦略的パートナーシップ協定を結んだ。アジア太平洋地域の経済、貿易、文化におけるこれらの国の力を借りて、ブランドの知名度とサービスの質を高めるために、名創優品は将来、一層グローバル要素を取り入れ、融合し、アジア太平洋地域市場とグローバル市場への進出をさらに加速し、世界におけるブランドの影響力を引き上げる。そして、世界の最も重要な小売ブランドへ成長するために取り組み、より多くの国と地域の消費者に名創優品のデザイン理念と上質な生活を楽しんでいただき、新世代の消費者を満足させる。

今回の名創優品グローバル戦略会議は、国際市場を開拓するための一歩であり、これによって、ブランドの国際化をより一層推進し、「2020年に、6000店舗(そのうちの半分が海外店舗)、売上90億ドル」という目標に向けて邁進し、世界中の消費者に名創優品を通じて、真の幸せな生活がもたらすパワーを体験していただきたい。