Home 最新情報

中国市場に熱い期待!名創優品創始者三宅順也、中国の新商品検討会に参加

Source:MINISORead:5077Date:2014-11-01

すでに飽和状態とも言えるこの消費の時代、複雑でごてごてしたデザインはすでに消費者に飽きられており、シンプルなデザインが次世代を担う主要な製品として取って代わりました。また、いかにして消費者の求めるライフスタイルを形にし、消費者に新しいショッピング体験をしていただけるかが重要になってきております。

絶え間なく新しく生み出されるシンプルなデザイン、見た目はシンプルながらひと捻りある名創優品の商品が多くの消費者の支持を得、グッドライフグッズを発信するブランドとしての勢いを増しております。

名創優品がもっとも大切にしている『すべては消費者のために』という経営理念が支持されたことの証明であり、常に信念として抱き続けてきた『上質で、オリジナリティ溢れ、低価格』という商品戦略が競争相手に打ち勝つ最大の武器になったことの証明でもあります。小売り市場への更なる開拓と名創優品の商品が本当の意味で中国市場に百花繚乱といるライバルに打ち勝ち、お客様に真の幸せと喜びをもたらすため、名創優品は中国市場進出1周年を一つの機会とし、中国広州にて新商品の特別検討会を開催致しました。名創優品の創始者である三宅順也も日本のデザイナーチームを率い、遥々東京より参加致しました。新商品の検討会では会議の進行役も務め、名創優品が中国における商品の展開について検討及び意見交換が行われ、また新しい商品についての開発指導も行われました。

製品の開発戦略の中でブランドの理念をもっとも表現できるのがデザインです。名創優品のデザイン理念は日本の美学を継承し、『シンプル・ナチュラル・上質』という生活理念をもとに、自然でありのままの形とそれを生かしたデザインの見事な融合が消費者の皆様に親しみのある、素朴な温かみとして感じ取っていただければと願っております。「消費者の皆さんにとって、同じ物なら値段、同じ値段なら質ではないでしょうか。一つのブランドが熾烈な競争の市場の中で生き残っていくには何よりもデザイン力が大きなポイントになってきます。製品のデザインにもっとも力を割かねばならないのは改めて言うに及びません。パーフェクトなデザインは商品価値を高め、徐々に消費者のブランドに対する考えやこだわりをもたらしてくれます。」三宅順也は商品検討会でかくの如く指摘していました。

製品のデザインにシンプルという理念を入れるだけでなく、名創優品は品質管理の面でもそれこそ『ぶれない』理念がございます。消費者の皆様に高価値、個性溢れるショッピング体験をしていただけるよう名創優品は世界各地から選りすぐりの高品質の素材を調達しております。その80%以上は日本、中国、韓国、シンガポール、そしてマレーシアから仕入れており、商品デザインの80%は日本で行い名創優品のブランドデザイン力を維持するようにしております。製品の品質を保ち、ブランドの知名度を高め、お客様のご利益をお守りするため、名創優品は数百人に及ぶ調達部隊を編成し、アメリカ・デンマーク・日本・韓国等世界各地に派遣・駐在させ『ジャストインタイム』な素材の確保及びオリジナリティ溢れるデザインのご提供ができるよう努めております。

中でも中国は日本ヘッドオフィスより名創優品の海外における最大の市場であると重要視され、商品の開発においても中国市場に合った商品がご提供できるよう切磋琢磨しております。単一的なデザイン理念だけではなく、中国の消費者に受け入れていただけるデザイン、そしてそのデザインが商品の価値を高めてくれ、独創的な名創優品の商品として、シンプルで統一感のある一本の線となるよう開発に力を注いでおります。

これについて、三宅順也は「これこそ名創優品のジャストインプレイス的な戦略であり、今のところ功を奏してると言えます。日本での雑貨グッズの開発はディテールに大変こだわります。ほんの小さなコップのデザインにしても持った時の感じや持ち手の角度に至るまで不便さを感じさせないという点に重きを置きます。しかし、中国に至ってはそれらの他にオシャレさ、パワー、インパクトのような要素を加えなければなりません。中国市場での名創優品の消費者の多くが低年齢層であるというのが大きな理由ですね。」と語っていた。

製品のデザイン、生産フローのディテールに及ぶまで厳格な基準を設けていますが、名創優品は製品を取り巻く環境の改善にも目を光らせております。まず、名創優品は『ミステリーカスタマー制度』という管理方式を採用しております。これは顧客と管理者という二つの目線から店内のスタッフを管理、教育しお客様の満足度を高め、また商品の品質や売れ行きなども実際に店舗で確かめるという管理方式です。次に製品の安全と品質の保持のため『ノンタッチ目視活動』と呼ばれる監視方法も採用しております。これはお客様が入店からお店を出られるまでどのような行動を取り、どのような基準で商品を選ぶのか等を目で追い、もっとも客観的かつ俯瞰的な基準で商品を見ることにより、消費者が本当に欲しいものは何か、潜在的に隠されているヒントを探し、将来的な商品開発の指針とし、真の『上質で、オリジナリティ溢れ、低価格』な商品の開発に役立てております。

このような調査の実施効果向上を図るため、名創優品は中国市場にて詳細なマーケティングリサーチを行い、エンドユーザーの商品に対する認識や購買行動を分析致しました。このマーケティングリサーチからも容易に分かるのはコストパフォーマンスを重視する消費者ほど生活用品に対しても要求が高いこと、そしてそれが直接購買行動に結びついていること。同じシリンダーの花瓶にしてもIKEAでは79元、名創優品では49元、同じようなクオリティーの場合80%の消費者が名創優品の商品を購買していることがわかりました。正に高品質低価格を追い求めた名創優品の戦略が当たったと言え、それが巨額の利益を生み出し、いち早く中国市場での展開に繋げられたと結論づけられます。

目下、中国は市場経済が日増しに発展し、人々の生活水準も絶えず上昇しております。上質な製品のご提供だけでなく、きめ細かいサービスのご提供も消費者が購買行動を決定する大きな要因の一つでもあります。名創優品は『顧客第一主義』の理念を心に抱き、お客様に身近に親しみを感じていただけ、お客様に心から喜んでいただけるショッピングを体験していただける生活雑貨ブランドへと発展していきたいと願っております。

名創優品はカジュアルでオシャレで、コストパフォーマンスが高く、上質でオリジナリティ溢れるブランドとして皆様にお喜びいただける商品をご提供して参ります。

三宅順也は「名創優品は単なるブランドではありません。一つのライフスタイルと言えます。デザインで『シンプル、ナチュラル、上質』のライフスタイルを詠い、サービス面を強化したところで、もっとも大切な根本的出発点はお客様によりよい価値あるものをご提供し、お客様に最高の物とサービスをお届けするということです。」と語っております。お客様が真に欲しがっているものをお届けし、真のサービスをご提供する、これが名創優品が変わらず追い求めてきた理想でございます。今まさに中国の消費者の消費に対する価値観は大きな転換期を迎えています。名創優品は製品の品質にこだわり、新しい商品を展開していくだけでなく、心安らぎ、オシャレで気軽な気分でショッピングを楽しんでいただける雰囲気作りにも注力し、お客様にショッピングを通して楽しく、オシャレで、健康的なライフスタイルのご提案ができるよう工夫致しております。

中国市場へ進出して以来、名創優品は常に中国の消費者にオシャレでカジュアルなライフスタイルをご提案して参りました。常に消費者の立場に立ち、消費者の皆様に楽しいショッピングを体験していただきたいと願っております。今、名創優品は『グッドライフグッズ』の一陣の風を中国各地に巻き起こしております。僅か1年の間に200店を超える大型店舗が出店し、目下毎月20~30店舗という凄まじいスピードで新規出店しております。

僅か1年でこのような成果を挙げることができたということは名創優品の力強い生命力と競争力がなし得たことであり、このブランドの明るい未来を象徴していると言えるのではないでしょうか。今回の新商品検討会は丁度名創優品の中国市場進出の記念すべき1周年目であり、三宅順也は今回のような新商品開発検討会を通して、企業の明るい未来を指し示すことができ、また『心からお客様をおもてなしする』という企業理念のもと、お客様に『上質で、オリジナリティ溢れ、低価格』な製品のご提供を続けていく道半ばでもあると初心に返り、心を新たにしたのであります。