MINISO名創優品の3製品が2019年ドイツiF デザインアワードを受賞
2019.03.29

2019年ドイツiFデザインアワードの受賞結果がこのほど発表された。50カ国以上から6000点を超えるエントリーがあり、その中からMINISO名創優品のケンダマジェルペン、ラウンドフォルダブルランプ、U-ファンがこの国際的な賞を受賞。MINISO名創優品のオリジナルデザインが、再びドイツiF デザインアワードを獲得した。2018年に初めてエントリーして以来、これまでにMINISO名創優品の7製品が賞を受賞している。

news_0312.jpg

MINISO名創優品のケンダマジェルペンが2019年ドイツiF デザインアワードを受賞

「独立、厳格、信頼」をコンセプトとするドイツiF デザインアワードは、「プロダクトデザインのアカデミー賞」としても知られている世界最高峰のデザインアワードである。日用品のカテゴリーにおいてMINISO名創優品は、常に世界基準を意識しながら独自のデザインに取り組み続けている。

良いデザインは製品の価値を高め、良いアイデアは生活に楽しくする。MINISO名創優品は、ケンダマジェルペン、ラウンドフォルダブルランプ、U-ファンの3製品で2019年ドイツiF デザインアワードを受賞。それらすべてはユーザーのニーズに基づいており、創造性と実用性を兼ね備えている。それらは美しく、使いやすく、そして手頃な価格である。

ケンダマジェルペンのデザインは、伝統的な玩具であるけん玉からインスピレーションを受けていて、これは幼少期の気持ちを反映している。このペンの最も創造的なポイントは、キャップとペン本体が弾力性のある素材でつながっているため、キャップを紛失しにくいというところにある。

ラウンドフォルダブルランプの最大の特徴は、折りたためるデザインコンセプトにある。ランプを使わない時は、デスクの端にたたんで置いておけるだけでなく、やさしく引き上げるだけでいろいろな角度で明るく照らすことができる。

MINISO U-ファンは従来の手持ちタイプファンのデザインとは異なり、独自のU型ハンドルが特徴的である。U型ハンドルにはいろいろな機能があり、フックとして使ったり、45度に折り曲げて卓上用としても使え、ニーズやシーンに合わせて簡単に使うことができる。