『前進するための力を集結・共に輝かしい未来を創造』 名創優品ビジネス年次総会は寧波で円満に終了
2018.12.04

前書: まもなく2018年も過ぎ去り、期待と希望に満ちた新しい1年が始まろうとしている。11月30日、名創優品グループ2018年度ビジネス年次総会が寧波シャングリラホテルで盛大に開かれた。今回のビジネス年次総会は『前進するための力を集結・共に輝かしい未来を創造』をテーマに著名な経済学者馬光遠氏と劉潤氏を招き、小売業界の成長動向と今後の市場変動予測について情報共有をするため、グループの中核サプライヤー、フランチャイジー、投資パートナーら500名以上が参加した。

图片1_看图王.jpg

名創優品グループ2018年度ビジネス年次総会が寧波シャングリラホテルで盛大に開かれた

图片2_看图王.jpg参加者で賑わう会場受付图片3_看图王.jpg参加者は名創優品グローバルマップ上にMINISOのフラッグを立てた

テクノロジーソーシャルインタラクティブ消費パターンのアップデート……いずれも伝統的な小売業界が直面している課題やチャンスであり、本質に立ち返り「変化」することは小売業界の変革と進歩の力となっている。名創優品グループ2018年度ビジネス年次総会では、著名な経済学者である馬光遠氏と劉潤氏が講演を行った。馬光遠氏は改革開放後40年の中国経済の発展状況を振り返り、「小売業界の台頭は今後10年の中国経済の重大なトピックスになる」と予測した。同氏は、すべての小売の本質は消費者の体験を高めることだと述べた。また潤米コンサルティング創始者劉潤氏は、「新しい小売とは、より効率的な小売のことである」と考えている。消費者体験をコアとすることを前提に、新しい小売は「人、場所、商品」この3大要素を再構築している。

图片4_看图王.jpg著名な経済学者馬光遠氏は名創優品ビジネス年次総会で講演を行った 

图片5_看图王.jpg

潤米コンサルティング創始者劉潤氏は名創優品ビジネス年次総会で新しい小売について分析

ここ1年の景気後退の中、名創優品グループの成長の勢いは衰えを知らず、大きな改革や革新も生み出した。名創優品グループ社長葉国富氏は、「MINISOはあらゆる消費者層のニーズに応えるためマルチブランド戦略を採用した。そして革新的な側面としてSAP企業管理ソフトを使用することにより、物流、人の流れ、キャシュフロー、情報の流れの全面的な効率を改善。一方では、テンセントから10億元の戦略的投資を獲得した。」と述べた。また葉国富氏は、世界的なIP協力プロジェクト、6つの製品テーマ、5つのカテゴリーなど2019年度の名創優品の製品開発計画について説明を行った。同氏はスピーチの中で、「世界中の消費者がより高品質な製品を低価格で購入できるようにする」ということこそが名創優品創設当初からの意志であり、これは今後も決して変わることはない。」と強調した。

图片6_看图王.jpg名創優品グループ社長葉国富氏がビジネス年次総会でスピーチ

『私たちの武器は、私たちの素晴らしい製品である。』と名創優品投資発展センター副総裁李敏信氏は述べた。名創優品は5年間で70以上の国と地域で3000店舗以上を出店し、世界各地の消費者から好評を得ている。このような成果をあげるためには、高い製品デザイン力・開発力・生産力が不可欠である。そして何より名創優品成功の最も重要な鍵は、多くのフランチャイズ加盟店、投資パートナーからの継続的な信頼と協力である。


图片7_看图王.jpg

名創優品投資発展センター副総裁李敏信氏はビジネス年次総会で協力パートナーに感謝を述べた

前に進むための力を集結させることでのみ、共に輝かしい未来を創造することができる。名創優品グループ2018年度ビジネス年次総会では授賞式が行われ、ベストモデル賞、ベストブレークスルー賞、ベストテンフランチャイジーなど、過去1年間で特に優れた業績をあげた個人やチームに賞が贈られた。

图片8_看图王.jpg

名創優品グループビジネス年次総会ではベストテンフランチャイジーに賞が贈られた

图片9_看图王.jpg

会場ではベストモデル賞、ベストブレークスルー賞も贈られた