ブランドについて

MINISO名創優品は、チーフデザイナーである日本人デザイナー三宅順也と中国の若手企業家葉国富により東京で設立されました。

「シンプル、ナチュラル、ハイクオリティ」というデザインコンセプトと「自然、ありのまま、本質回帰」というブランドコンセプトのもと、美しく洗練された生活雑貨にフォーカスしています。すぐれたデザイン性、高いコストパフォーマンス、快適なショッピング環境によりお客様にご満足いただけるだけでなく、生活雑貨市場において「パーソナライズされた個別消費」を推進しています。

MINISO名創優品は2013年9月に中国市場に進出し、急速な成長を遂げました。そして2015年からは積極的に国際市場に進出。5年間に世界中で3,500店舗以上をオープンし、2018年度の売上高は25億ドルにのぼりました。現在、アメリカ、カナダ、ロシア、シンガポール、アラブ首長国連邦、韓国、マレーシア、香港、マカオなど80以上の国と地域の企業と戦略的パートナーシップ協定を結び、月平均80〜100店のペースで新店舗をオープンしています。

「上質なライフスタイル」を提唱し、お客様目線で「高品質で、洗練された、手頃な価格の」製品をご提供しています。MINISO名創優品の製品は、シンプルで、ナチュラルで、ハイクオリティな製品を基本とし、消費動向にも注視しながら、18〜35歳を中心とした幅広いお客様のニーズにお応えできる品揃えを目指しています。

MINISO名創優品は、新しいタイプの生活美学が凝縮された小売店舗として、飲食、ファストファッション、エンターテイメントなどとともにデパートやショッピングモールにおける主力ショップとみなされるようになりました。また、シンプルで洗練された製品により、お客様に気軽にショッピングを楽しんでいただきたいと考えています。

ラインナップの充実や品質管理の徹底に取り組み、製品には世界各地から集められた「厳選素材」を使用。製品デザインの80%を日本、韓国、スウェーデン、デンマーク、シンガポール、マレーシア、中国のデザイナーが手がけています。クオリティーとテクノロジーを追求しながら、常にお客様に寄り添い、サービスの質の向上を図り、ショッピングを通してMINISOの健康、レジャー、品質、創造性を感じていただけるよう努めております。


ブランド哲学

人間が生かされている自然には不思議なパワーが秘められています。

自然にたちかえり、自然から学び、日々の生活の中にさらなる楽しさを見つけ、感じていただきたいと考えています。

MINISOは『シンプル、ナチュラル、良質』という哲学(フィロソフィー)を実践し、「高コストパフォーマンス」製品のデザイン、開発をおこなっています。

MINISOそのものがライフスタイルであり、皆さまの生活に欠かせない存在(生活の一部)であり続けたいと考えています。それとともに、地球の限られた資源、環境問題、リサイクル等も念頭におきながら、本当の意味での自然回帰、製品の本質とは何かについても考えています。


MINISO(ブランド名の由来)

MINISO名創優品は、新しいライフスタイルの形を生み出そうという考えからスタートしました。それは、今ある流行に乗り、それを追うものでも、個性を強調したりするものでもありません。製品にはそれぞれルーツがあり、それぞれの役割があります。また特有の個性もあるでしょう。私たちは人気のある製品を過度に取り上げたり、強く主張したりすることはしません。それとは逆に、未来の消費の視点に立った製品開発、ー製品の原点に回帰し、不要な装飾を取り払い、本質を追求する一、よりスタイリッシュに、より安心の、よりリーズナブルな製品をご提供できるよう努めています。私たちは製品を通して、皆様のスタイリッシュでカジュアルな自分らしい快適な生活づくりのサポートをするために誕生しました。

名創優品(ブランドロゴ)

MINISO名創優品のブランドロゴは、「ショッピングバッグ」をモチーフにしたデザインで、シンプル、スタイリッシュ、そしてモダンなイメージを表現しています。私たちの製品とリンクしながらショッピングの楽しさを表しており、印象に残りやすいシンプルなデザインも特徴的です。

名創優品(ブランドロゴ)

ブランドロゴの中のブランド名とマークの組み合わせは、お客様への感謝のスマイルを表しています。これは日常生活の中での気持ちの持ち方のご提案でもあります。「ハッピーで楽しく」ー生活の本質とは楽しさの追求ではないでしょうか。それは日々の生活すべてをハッピーにしてくれます。